:: SURF & LOVE -hand made- ::

サーファーだけど美白したい・・・!ひよっこソーパーのぐるぐる記録★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※使用感追記しました。H20.09.22

キッチンで固形石けんをお使いの方、お風呂で使うよりもうんと減り早くないですか?
まだ私はコレ!と言う水分量やオイルの配合に出会えていないので模索中。
やっぱりキッチン用は過剰油脂が少なく、溶け崩れの少ない硬い石けんの方がいいです。
ふやけた状態でスポンジにつける時、にゅるっとするとちょっと不快だし。笑

200808281.jpg


と言うわけで、実はこれまでどの石けんもほとんど水分量34%で何も考えず作ってしまっていたので見直してみました。
いやー、基本ですよね。笑
しかしココアバターとトレハで今後の乾燥の季節にも洗い物が苦にならないように保湿力カバーしておきました。
ただでさえ水仕事は手の水分奪われるしね!

またグロ石けん(笑)にはしたくないので、いっそ真っ黒にしてしまえ~!のデザイン。
しかしやっぱり完全に真っ黒とまでは行かず。
若干緑がかってます。

それにしても、緑茶とコーヒーだなんて変な組み合わせ。笑
カフェインたっぷりですね!
アクセントに白系のコンフェを刻んで混ぜ込んでみました。

予想通りすぐさま軽トレース、トレハを溶かしたコーヒーを入れた途端一気にもったりトレースとなりましたのでぐるぐる時間は10分ちょっと。
ハードオイルが70%近く、残りのソフトオイルも廃油なので当然の結果かと。
ハードオイルが70%近くも配合されてると言うのに、シミュレーションの「硬さ」「崩れにくさ」はそれほど高いわけではないですね。
まぁグラフがそこそこキレイな六角形なので気にしなーい!
型出しはすんなりできました。

*******
#22 まっくろくろすけ (バッチ数、リキッドはカウントから外しました。)

OIL:廃油(キャノーラ・緑茶inf.) 32%/パーム 27%/ココナッツ 20% /キャスター 10%/ココアバター 8%/ステアリン酸 3%
水 30%(一部をコーヒー)/NaOH DC5%
OP :トレハロース3%/竹炭パウダー/コーヒー/ペパーミントパウダー/#1コンフェ
FO:ローズ

トレース:10分 型出し:2日
製作:08.08.25 解禁:08.09.22頃
*******

肌適正 6.4、洗浄力 6.5、起泡力 6.2、硬さ 6.8、くずれにくさ 6.8、安定性 6.5

200808292.jpg

今回は丸形も作ったよ。
EMWを買ってみたので、EM活性液とやらで石けんを作ってみようと思ってます。


明日は誕生日なので有休をとって、昼間から優雅に水族館&大大大好きなスターウォーズを見に行って来ます。
1st dayで1000円だし。笑





↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

⇒続きを読む

スポンサーサイト
こないだのリキッド、あんなに全然溶けずに7倍以上で希釈したのでさすがに泡立ちはあまり良くない・・・。

が!!!

もう一度この時の “素” を希釈してみました。
3倍で。
前回と同じ50gを150gのお湯で。

200808263.jpg

3日かかりましたがちゃんと溶けましたぁd(d∀`)

いやいや、なんで!?
3日かかったし、最後まだかなり粘度のある状態の素も残ってたけど、むりやり混ぜ込んで溶けました。
泡立ちも良し。
原因はわからないけど、これで残りの素もそのまま使えるかもしれません。

てか、やっぱり均一に混ざってなかったから、部分部分で溶けるところと溶けにくいところができちゃったのかも・・・。


ついでにもう一度リベンジしました。
今度はすべて新油でレシピに忠実に。
これは会社の自分のフロアに置いておく用。
会社で少し合成洗剤を使って洗うだけでも、洗った後の手のギシギシする感じが不快に思うようになってきたんです。。。

*******
キャノーラ 160g / ココナッツ 40g
精製水 60g / NaOH 28g / エタノール 6g

製作:08.08.26 
*******


まずオイルとアルカリ水溶液を混ぜる段階でも“10秒”と書いてあるけど、前回の均一に混ざらなかったかもしれない失敗の原因を念頭に、念には念をで20秒ほど。
さすがにエタノールを加えたらあっという間に固まったけど、前回のようにペットボトル上部に塊が付く、という事もなく無事保温へ。
今回は割りとしっかり均一に混ぜれたと思います。

しかし24時間後、まったくジェル化しておらず真っ白。
再度湯煎してから保温するも相変わらず真っ白。
舌でなめてみるとまだ少しピリリなので再度保温中。
前半戦が順調だったけど、また失敗か!?


またまた続く・・・。


今度はホットプロセスでグリセリンやグラニュー糖を加えて作る透明石けんも作ってみたいなぁ。





↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
200808293.jpg

LUSHのカタログはカラフルでおしゃれで、見るだけで楽しいのでよく持ち帰ります。

石けん作るようになってからLUSHで買い物してないなぁ。

でも、手作り石けんのデザインのヒントがいっぱい詰まってます。
こうしてまた作りたい石けんの構想を練るのです。
構想と言うか妄想と言うか・・・笑

しかし “みつばちマーチ” の香りが懐かしい!!
そういえば、みつばちマーチは溶け崩れやすいからよく水気を切って保管してね、と言われていたけど、確かに手作り石けんと同じくらい溶けやすかった気がします。
でもLUSHの石けんって、成分見ると「石ケン素地」って書いてあるからグリセリン含まれていない分まだマシかな?

目指せLUSHの石けん、まだまだ道のりは遠いです。。。





↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
普段メモ魔で、なんでもすぐメモするんですが、そのメモをすぐなくすので意味ありません。。。笑
一応ちゃんと小さいメモを持ち歩いてるんですけどね、なぜかそれに書いたものはあまり必要頻度がなく、その辺の紙きれに書いたものの方が必要になったりします。笑

と言うことで、ここに書いておけば消えない限りは検索もラクって事で覚書です。
ブログって便利ですね!笑

◆◆化粧水◆◆

チンキ 合計20%まで
美肌水原液 10%~20%
グリセリン 5%
トレハロース 3%

精製水 全部で100%になる量



◆◆アトピー用化粧水◆◆

緑茶 全部で100%になる量

グリセリン 5%
トゥヴェールのリペアエッセンス 2%
トゥヴェールのモイストパウダー  0.05%(付属スプーン1杯0.01g)



◆◆拭き取り化粧水◆◆ できあがり50ml

精製水 50ml

無水エタノール 小1/2
グリセリン 小1/2
クエン酸 ミクロスパーテル1杯



◆◆美容ジェル◆◆  できあがり30ml

チンキ 合計6ml
精製水 24ml
ガム ミクロスパーテル2杯



◆◆乳液◆◆  できあがり100ml

精製水 64ml
チンキ 合計20ml
トレハロースかグリセリン 小1

植物性油 10ml
植物性バター 4g
乳化ワックス 2g

(ガム 少々)



◆◆クリーム◆◆  できあがり30ml

チンキ 合計8ml
精製水 12ml

植物性オイル 3ml
植物性バター 5g
乳化ワックス 2g


◆◆石けん乳化クレンジング◆◆

手作り石けん 10g
熱湯 30g
植物性オイル 30g
クレイ 小1/2
GSE


◆◆ハーブジェルリンス◆◆

ハーブティー 300ml
クエン酸 大1

ガム 小1/2
グリセリン 小2
椿油 小1

(クリームリンス)
オリーブオイル 小2
椿油 小2
乳化ワックス 小1
ビタミンEオイル 2滴

ハーブティー 200ml
クエン酸 小2

ガム 小1/2
グリセリン 小2






↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
200808262.jpg

HAND MADE SOAP PASERIさんでオイル500円セールされてたので買い物しました。
しかしどうやら私が注文した時点ですでにパームオイルのストック分が完売してしまったようですが、すでに注文済みであった事から追加仕入れ分であるにも関わらずsale価格でよろしいですよ、との事(人´∀`)

最近はココナッツよりパームカーネル贔屓ですが、最低限基本のオリーブ、ココナッツ、パームは常備していてたいなって思うんです。
まだまだどっちがマイルドだとかさっぱりだとか、あまり個々の石けんの使用感の違いを感じられる程私の肌は肥えていないので(舌が肥える、と同じ意味で。笑)、ココナッツでもパームカーネルでも実際はあまり変わりないんですけどね。笑

200808261.jpg

泡立てネットとゆず石けんが同梱されていました(人´∀`)
めっちゃいい香り〜♪
使うのが楽しみです。


そうそう、こないだのリキッド、実はまだ続きがあります。
また近いうちにアップしますね。


余談ですが、最近毎日つけまつげをしています。
休日はフル、平日仕事の時は目尻側のみの部分用。
さすがに1回使い捨てではもったいない(笑)ので接着剤をキレイに取って数回使うんですが、重曹を少量溶かした水に1時間ばかり漬けておくとキレーーーイに接着剤が取れます。
普通の水だけだといつも一晩漬けてたのに。
重曹の“汚れを浮かす力”を感じました。

200808264.jpg

無印のヘアピンケースに半分に折ったコットンを入れて、間につけまつげを入れて保管。
スルスル接着剤が取れるので持ちも長いですd(d∀`)




↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
お菓子作りは昔から好きでたまにするので型や道具などは多少持っているんだけど、シリコンはマフィン型のみ。
石けんを作り始めてからずっと欲しかったハニカムドットのシリコンモールドを買いました。

200808251.jpg


この底面のハニカムドット、めちゃめちゃかわいくてホントずっと買おう買おうって思ってたんです。
スクエア型にして広い面(石けんの前面)に模様をつけるか、パウンドにして狭い面(石けんの上部)に模様つけるか・・・って、完全に石けん用として選んでる自分がいました。笑
結局最終的には、お菓子に使う時の使用頻度はスクエアよりもパウンドって事でパウンド型に。
そんな事言っても石けんメインで使うんだろうけど。笑

今回は送料分も合わせて全額ポイントでGETしちゃいました♪
わーい!!
またそのうちスクエア型も買うかも!?

これで模様やレイヤーなしのシンプルな石けんもかわいく出来るんだって思うと、早くこれで石けんを作りたくなります。
このモールドなら  ハニカム=honeycomb=蜂の巣、やっぱりかねてから念願の「みつばちマーチ」もどき石けん!?

mitubachi.jpg

しかしはちみつ系はあの問題が・・・うーん。


厨房卸問屋 名調
左パウンド型/1,065円
右:パウンド型ミニ/369円

←ミニは余りダネ用に使えて便利だよねー。




↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
200808211.jpg

先日の苛性ソーダリキッドです。

その後、さらに50ccのお湯を足して放置。
一応溶けるには溶けました。
しかし水分が増えれば増える程酸化も早いのでやみくもに増やすのもいかがなもんかと。
すでに、最初の希釈から200ccは追加している事になるので、50gの素に対して7倍以上の希釈にも関わらずこの粘度!?

原因として考えられる事をmixiのコミュで教えてもらいました。
それは、ペットボトルにエタノールを入れた際に、すぐに固まったため撹拌不足となったと思われる上部のマットな部分を捨ててしまったせいでアルカリが均一に混ざらなかった。
慌てずペットボトルを切り開いて中身を出して、お鍋で湯煎しながら全部をちゃんと混ぜた方がよかったそうです。
また、やっぱり廃油はトレースが出るのが早いので、エタノールを投入する事によって一気にトレースが進み、これもまた攪拌不足になってしまったかもしれません。
このレシピはトレースを一気に進めるための役割として(だけでなくオイルにアルカリ溶液をなじませて反応しやすくする働きと、粒子化あるいは結晶化した油分子や石鹸分子を細分化する力があるそうですが。)エタノールを使っているので、廃油を使ったこの場合エタノールは余分だったのかな?

かなり粘度高めですが、一応ポンプでも使える程にはなったのでとりあえず良しとします。
しかし透明度は低くなっちゃったな〜。
シャンプーとして使ってみたところ、泡立ちも固形を直接使うよりも良かったです。
普通に2~3倍の希釈で使えていたらもっとモコモコに泡立ったかなぁと思うと少し残念ですが。

“素”の方はなんとかリバッチして使えないかな?と考えていましたが、植物性オイルやクレイなどを足してクレンジングジェルのように使ってはどうかとの提案をしていただけました。
確かに、こないだ彩莉さんのレシピで作ったクレンジングと同じ考え方でできそうですね(人´∀`)
こないだ作った分が使い終わったらそれも試してみようと思います。

でも、苛性ソーダでリキッド、また必ずリベンジしますっ!!!



↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
#21は全体ががっつりジェル化しましたが、その前2バッチは全くジェル化せず。

200808191.jpg

#19はその後さらしあんのレイヤーが本物のこしあんみたい(と言うか本物は本物だけど。笑)な見た目、質感になってきました。

さて、#20です。
と言うかはちみつを加えた石けんは、実は#2 はちみつ石けんもそうですが表面がこう真っ白になるのは私だけ?

200808193.jpg

熟成用の木箱の中です。
わかりやすいように一つ裏返してみましたが、カット前の底面以外の3面は真っ白。
しかしカット面、底面は特にそのような事はありません。

200808192.jpg

保温の段階ですでに白くなる “何か” が起こっていたのかな?と思います。
うーーーん、何だろう?
この真夏のあっつい時期にジェル化はまだしもソーダ灰?!
でも#2 はちみつ石けんとコレ以外でこんな風になった事はありません。
削ってしまえばそれですむ事なんだけど、原因が知りたい!!
いつもに比べてトレースまでが長かったので、型入れの段階ですでにタネの温度がかなり下がっていたのかな?とも思いますが、そうは言っても室温かなりありましたけど・・・??
型入れの時ちゃんとラップもかけてるんだけどなぁ。


誰か、こうじゃないかっておわかりになる方いらっしゃいましたらぜひ教えて下さい!!


甘い甘~いFO達が仲間入りしたので、とびきり甘い系の石けんが作りたい今日この頃。
当然はちみつ入りだって作りたい!
そのためにはこれをなんとか解決しなくては・・・。

200808202.jpg

ま、こいつは結局カットしたんだけどさ。笑





↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
※使用感追記しました。H20.09.12

こないだの誤算だらけのローズづくし石けんをカットしました。
凍らせたこんにゃくゼリー(笑)も乾燥と共にちょっとずつ落ち着いて来ています。

や、でも若干まだカット&スタンプ早かった・・・!
まだまだ忍耐が足りません(;´Д⊂

200808162.jpg


ローズピンク、ローズヒップ、ローズのFOで(なんちゃって)ローズづくし。
ローズピンクパウダーはまっつんさんからの頂き物を早速使わせていただきました☆

ホントはマットな仕上がりになってくれるのが理想だったけど、これはこれで見てるうちにそれなりにかわいいじゃないかと言う気になってきましたよ。
基本的にピンクってだけでちょっと贔屓めです。笑

メインは椿油と成分がそっくりと言われる茶油なのでシャンプーバーとしてもOK。
ここ最近はしっかりした泡立ちで保湿力ばっちりのキャスター入りと、ちょっぴりバターがマイブーム。
オプションもトレハとココナッツミルク入りでしっとり系。
しっとりもっちりモッコモコ!な石けんが好きです。

*******
#21 RiCH ROSE

OIL:茶油 30%/オリーブ 20%/パームカーネル 20% /パーム 19%/キャスター 5%/マンゴーバター 3%/ミリスチン酸 3%
水 34%/NaOH DC10%
OP :トレハロース3%/ココナッツミルクパウダー/ローズヒップパウダー/ローズピンクパウダー/ピンクカオリン/コンフェ
FO:ローズ

トレース:20分 型出し:1日
製作:08.08.12 解禁:08.09.09頃
*******

肌適正 6.9、洗浄力 7.4、起泡力 7.0、硬さ 6.7、くずれにくさ 6.7、安定性 6.7

ココナッツミルクパウダー:保湿効果
ローズヒップパウダー:保湿、収れん作用、シミ、ソバカス予防、美白。
ローズペタルパウダー:保湿、収れん、抗炎作用、シミ・シワや予防。



ソーパーさんではないけれど、私の石けんを使ってみたいと言ってくれたお友達何人かに少しずつだけどプレゼントしました。
私の石けんの見た目、使い心地も気に入ったと言ってくれる子が多く、さらには初の石けんシャンプーをしてみて感動したとまで言ってくれる子もいました。
自分の作った物が人に喜ばれるってすごく嬉しい事ですね(*´艸`*)




↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

⇒続きを読む

石けんを作りだす前もここ何年か、体を洗う石けんは固形を使っていたものの、シャンプー、コンディショナー、食器洗い洗剤はずっとリキッド。
やっぱりリキッドの方が手軽だと思う事って、今でも多々あるんですよね。

そこで、普通に熱湯で削った石けんを溶かして作る簡易リキッドではない、固形石けんを使ったリキッドを作る方法はないのかと検索していたところ、苛性ソーダで作るリキッドソープの作り方を発見しました。
よくよく見てみると、出処は自分も参加してるmixiのコミュじゃないですか!(参加と言っても覗き見ばかりですが。。。)

この作り方は手順も特に手間のかかるものでもなさそうなので、早速作ってみました。
食器洗い用の石けんはまだ在庫があるので、シャンプー用に。
自己判断でアルカリ水溶液にシルクファイバーを溶かして作ってみました。
しかしシャンプー用のつもりと言いながら、ついつい目の前にあったから廃油使っちゃったし。
固形の時のように臭いが飛んでくれる事を祈って。

*******
オリーブ 110g / 廃油(緑茶inf.) 42g / スイートアーモンド 18g / ココナッツ 30g
精製水 60g / NaOH 28g / エタノール 6g

OP:シルクファイバー

製作:08.08.14 解禁:08.08.15 
*******


手順については コチラ にのっているとおりです。
ペットボトルしゃかしゃかは前のことがあるので多少トラウマでしたが、恐る恐るやってみました。
やっぱりあっと言う間に中身はもったり。
エタノール入れたらさらに一気にもったり。
蓋を緩める瞬間はドキドキでした。

保温後1日たって覗いてみると、ジェルジェルしている部分もあるにはあるけど、マットな部分もありで心配だったのでもう一度湯煎して、ある程度半透明っぽくなった段階で最初は入れずにおいたお湯入りペットボトル2本と共に発砲スチロール箱の中へもう一晩入れておきました。

翌日、 “ジェル化して半透明” の程度がわからなかったので、まぁ良しかな?と思ったところで舌でアルカリチェック。
ピリピリしなかったので希釈してみました。

が・・・。

50gを150gの熱湯で、一晩たっても溶けていません。
温めなおしてようやく溶けても、硬~い水あめ状。
しかし色はクリアできれいなグリーン。

もう少し伸ばせば良いだろうと50gのお湯を追加。
そして一晩放置。


・・・溶けてませんが?
や、溶けたんだろうけどやっぱり水あめですが??


失敗かー?!

200808181.jpg


次回へつづく。




↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
チープローズさんで買い物した物が届きました。

200808171.jpg

ショップのトップにFOの容器の仕様についてのお知らせがあるとおり、5本中2本がバージンキャップではないものでした。
今回は全然持っていない甘めの香りを多めにチョイス。
グリーンティーだけはちょっと「?」って感じだけど、他はほぼ想像どおりの香りで満足満足。
キャリアオイルはコスメと石けんと両方に使う用です。

【FO】
ココナッツクリーム
 ・・・これこれ!車の芳香剤みたいな甘めのココナッツの香り!かなり好きです。こればっかりヘビロテしちゃいそう。笑
メープルシロップ
 ・・・メープルシロップかは「?」ですが甘〜い香り、これもなかなか好き。
キャラメル
 ・・・これもかなり甘め。これはもろキャラメルの香りです。濃くていい香り♪
グリーンティー
 ・・・グリーンティー=緑茶ではなく、草花の生の葉っぱの匂い!?幼稚園の時にしょっちゅう嗅いでた懐かしい匂いがします。笑(木登り大好きだったし草花でおままごととかしてました。)
シトラス
 ・・・トイレの芳香剤にありそうなシトラスの香り。笑 すごく人工的な香りだけど、割と万人受けしそうな感じ。

【キャリアオイル】
アボカドオイル
ヘーゼルナッツオイル
今日2つめのエントリーです。

200808161.jpg

ジェルがなくなったのと、こないだ作った乳液の潤いがちょっと足らなかったので今度はクリームを作ってみました。
乳液もまだ1回しか成功してないのに、クリームもちゃんとできるか心配でしたが、焦らず混ぜたらちゃんとクリームになりました(*´ω`*)

ジェルはユキノシタと日焼けの後の炎症を抑えるためのカレンデュラチンキ。
クリームにはやっぱりユキノシタと、ローズヒップとも迷ってヒースを。
化粧水もユキノシタチンキを使ってるので、今のスキンケアの基本はユキノシタ。
即効性があるわけでもないので目に見えてこんなに効果があります!とは言えないけど、私の中では美白にはユキノシタ、カレンデュラ、ヒース、ローズヒップあたりが効くイメージなので、しばらくはユキノシタをメインにローテーョンしていこうと思っています。

ジェルはこないだより少しとろみを緩めにしました。
クリームは、付けたては若干べたつくかな?って感じがするけど、ちょっと時間がたつと全然気になりませんでした。
でも、付け過ぎ注意かな?

◆◆ジェル◆◆ 出来上がり30ml
ユキノシタチンキ 3ml
カレンデュラチンキ 3ml
精製水 24ml
キサンタンガム ミクロスパーテル2杯


◆◆クリーム◆◆ 出来上がり30ml
ユキノシタチンキ 4ml
ヒースチンキ 4ml
精製水 12ml
ホホバオイル 3ml
マンゴーバター 5g
乳化ワックス 2g


1.乳化ワックス・バター・オイルを弱火で湯煎する。
2.精製水とチンキを同じ鍋で湯煎する。
3.1が完全に溶けたら湯煎から外してしっかり混ぜ合わせ、2をゆっくり加える。
4.泡立てないようにガラス棒でそっと混ぜ合わせる。
5.クリーム状になるまで根気良く混ぜ合わせる。




↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
これまで作った石けんのエントリーをリストにしてみました。
左のサイドバーの 「これまでの石けん」 にあります。



実はまだカット前ですが、先にアップしようと思います。(彼が旅行にカメラを持って行っているので携帯カメラ画像ですが。)
カット後改めてその後をレシピと共に報告させていただきますね。

この石けんは2つの誤算で、まんまと思っていたのとは全然違う石けんになりました。

まず第1の誤算は、ハーブパウダー。
ローズピンクはピンクに、ローズヒップは濃いピンク〜赤っぽくなるものという 勝手な思い込み で仕込み開始。
いざタネと混ぜると、ええぇぇぇぇぇぇぇ!?
ローズピンクはオレンジっぽく、ローズヒップは薄い黄土色っぽい色に・・・・・Σ(´Д`lll)
おっかしいなぁ。
でも、順番に型入れしてそこまで変な組み合わせにはならなかったのでまぁ良しと言う事で。笑
思い込みはダメですね!笑

ちなみに、いつもパウダー系のオプションを投入する際、そのままえいっ!と投入してぐるぐるしてよくダマが残るので、今回はココナッツミルクパウダーはトレハを溶かした精製水と一緒に、カオリンは少量の精製水で溶かしてから混ぜたのでダマなしですd(d∀`)
それにしてもキレイなピンクのレイヤーが出来た~♪と喜んだのもつかの間・・・。

200808144.jpg

第2の誤算。
ここ2バッチはまったくジェル化しなかったので、何も考えずここ最近と同じように型入れ後保温なしでキッチンのテーブルの上に置いておきました。
しかし、今回は珍しく真っ昼間の仕込み。
夜になって夕飯の仕度がてら様子を見ると、すっごい高温でみるみる全体がジェル化してるじゃないですか!
でもって表面の真ん中がパウンドケーキみたいに少し盛り上がってきてる・・・これが噂の噴火!?
まだ噴火までは行っていないのでそのまま少し涼しい所へ移動させてなんとか阻止。

ホントはこれこそマットな仕上がりにしたかったのになー。
せっかくキレイなピンクのレイヤーができてたのに(ノc_,<。) アイター
ジェル化のおかげで、ハーブパウダーの2層の境目がわかんなくなっちゃいました。
おおよその原因はココナッツパウダーと、日中の一番暑い時間の仕込みだと見ています。
ミルク系は温度がぐんと上がってジェル化しやすいと見た事があったような・・・。
しかし仕込みの段階ではすっかり頭から抜けていました。
思えば初ジェル化の #14 coco soap もココナッツミルクパウダー入れたなぁ。

一応1日で型出しできたので、そのまま乾燥させたら完全に羊羹っぽい状態からほんの少しだけど色は落ち着きました。
こんにゃくゼリーを凍らせた時みたいな感じ。(わかるかな?笑)
ハーブパウダーの2層も多少境目がわかるように。
でも、横を持つとなんだか中がやわやわな様子。
底面も乾燥させようって事で倒しておきました。(そして角をちょっと凹ませた。。。)

200808145.jpg

今回はローズのFOをがっつり入れたので、めちゃめちゃ匂い・・・香ります。笑
唯一狙い通りになったのは着香のみ。
解禁後どれだけ残るかな?





↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
#10 竹炭ネトル石けん#14 coco soap#16 緑茶の廃油石けんの使用感アップしました♪


200808143.jpg

ずっと気になってて、今使ってるクレンジングが切れたら絶対作るんだー!と思っていた 手作り石けん&コスメ 魔女のレシピの彩莉さん の石けん乳化クレンジング。
今使ってるクレンジングが切れたらって言っても、気に入ってリピートしてたものだったので、セールの時にストック買いしてあってなかなか切れず、やーーっと作れることになりました。

200808141.jpg

手作り石けん(#5 キャスティール未満を使用) 10g
熱湯 30g
グレープシードオイル 30g
ホワイトカオリン 小1/2
GSE
FO ハイビスカス


石けんは、シャンプーに使用して全然泡立たない#5 キャスティール未満を使用。
クレンジングなら泡立ちは関係ないけど、キャスティールがホントにお肌に優しいならクレンジングで味わおう♪と思って。
オイルはホホバと迷ったけど、この時期はやっぱり洗い上がりさっぱりしたいと思ってグレープシードオイルにしました。

200808142.jpg

実際、普段使っているMACのリキッドとパウダーを手の甲に塗って見てどれ位落ちるか見てみると、落ちは言う事なしでキレイさっぱり落ちましたd(d∀`)
アイメイクはリムーバーを使っているのでよっぽど大丈夫だと思うけど、もしリムーバーなしでキレイに落とせたらすごいよなぁ。
そしたらそれだけ洗浄力あるって事だけど、市販のなら洗浄力がある=肌への刺激も多くなるって場合が多いけど、なんてったって合成界面活性剤や余計な添加物が入ってないってのが強みですね!
しかも、落としたあとの手の甲、グレープシードオイルなのにちょっとしっとり。
これがキャスティール効果!?
これはもしかして洗顔なしでもいけちゃうんじゃ!?!?

これは作るのもかなり簡単だし、使い心地もいいし、彩莉さんや彩莉さんの周りで評判いいのも納得です☆
ジェルリンスと言いコレと言い、素敵なレシピをありがとうございます。
しばらくクレンジングはこれのお世話になろうと思います!!



↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
※使用感追記しました。H20.09.09

2日連続涼しい夜が続いたのと、やっぱり久々にぐるぐるしたら「ぐるぐるしたい熱」が上がったので連続で仕込みました。
でもまだ作りたい石けん案が5つ程あります(*´艸`*)

200808121.jpg

今回はミリスチン酸もステアリン酸も入れなかったので、トレースが出るまでいつもに比べてかなりゆっくりでした。
途中うっかりうたた寝してたけど、はっと起きたらちょうどいい位のゆるめトレースになっていました。
あのまま寝てたらボウル型石けんができたかな?なんて。笑

また、#19 金時石けんに引き続き今回もほとんど汗かきなし、仕上がりもマットとなりました。
石けん作りはホントに奥が深いなぁ。
ジェル、ノンジェルのコントロールなんてまだやっぱり私には無理かも。
でもとりあえず、ジェル化した石けんの使用感がホントにマイルドなのか、早速解禁したばかりのジェル化石けんを使ってみようと思います。(同じ石けんでノンジェルのものがないから比較はできないけど・・・。)

今回ははちみつの色を生かそうと思ってのマーブル。
マーブルはまだまだ思うようにうまくできないけど、カット面によって全然違う模様が出るのが楽しいです(人´∀`)
はちみつ、トレハロース、シナモンパウダー、ココアパウダー、オートミールって、お菓子みたいなオプションですね(*´ω`*)

と言うわけで、未精製のココアバターを使ったのでそのままでもチョコの香りがするんだけど、以前サンプルでもらったチョコのFOがあったので入れてみました。
はちみつとよく合ってホントにお菓子のような香りです。
甘い香りの石けんは初めてだけど、一緒に住んでる彼がめちゃくちゃ甘党なのとLUSHの「みつばちマーチ」の香りが大好きなので、甘い香りだと喜んで使ってくれやしないかと思っています。
ちなみに普段彼は市販のボディソ、シャンプー、コンディショナーを使っていますが、暑い日は#7 summer marseilleを使っています。


*******
#20 HONEY COCOA

OIL:茶油 40%、オリーブ 20%、パームカーネル 20%、ラード 10%、ココアバター 5%、キャスターオイル 5%
水 34%、NaOH DC10%
OP:トレハロース、はちみつ、ココアパウダー、シナモンパウダー、オートミール
FO:チョコレート

トレース:3時間 型出し:2日
製作:08.08.07 解禁:08.09.04頃
*******

肌適正7.2 洗浄力7.7 起泡力6.8 硬さ6.6 くずれにくさ6.4 安定性6.6

カット直後↓

IMG_0403.jpg

もう少し色が鮮やかでした。

⇒続きを読む

※使用感追記しました。H20.09.22

200808091.jpg

念願のさらしあんを買ったので、緑茶のインフューズドオイルと合せて抹茶小豆風にしてみました~。
やってみたかったの、抹茶小豆風♪
色はばっちり抹茶色でも、使ったのは緑茶だけどね。笑

今回はミリスチン酸やステアリン酸はなしだったけどぐるぐる開始15分位でゆるめトレース、20分で型入れとなりました。
やっぱり廃油だとトレース出るの早いのかな?
どこかでインフューズドオイルはトレースが早いというのを見た気がするので、そのせいもあるかも。
ごま油が足りなくなったので急遽紅花も使ったので割合が中途半端です。

毎回気になる廃油の匂いだけど、キッチン用に作って苦戦した廃油石けんや、緑茶inf.使った石けんのどちらも熟成とともに匂いが消えているので、あえて今回は着香なしにしてみました。
抹茶小豆風石けんに合いそうな香りを持っていないってのもあるんだけど。笑
今回使った廃油はかれこれ1ヶ月以上(しかも大量の)緑茶を漬け込んでいた(と言うか、放置してた。笑)おかげでがっつり緑色。
たぶん廃油臭さも消えると思います。

結構ゆるめトレースの段階で型入れしたので、途中に入れたシナモンパウダーが豪快に流れてモールドの型に張り付いてしまい、ラインとして残ったのは一部のみでした。(写真で言う真ん中の。)


先月作った石けん達はたくさん汗をかいていたのに、こいつは全然汗かきませんでした。
気温もあまり変わらないか今の方が高い位なのになぁ。
保温箱には前も入れてないからほとんど条件は変わらないのになんでだろ?
それにジェル化もせずしっかりマット。
まぁいいんですけどね。
でも、ここ最近悩みのタネだった気泡がかなり少なかったので嬉しいです。


少し多めに作ったので、前から一度やってみたかった男前豆腐の容器を使った男前石けんも作りました。笑
三連ちゃんのやつ、ちょうど石けんサイズだからついつい買っちゃいます。
豆腐が食べたいんだか、容器が欲しいんだか。笑
でも、暑いときの冷奴っておいしいですよね♪

HI3B0176.jpg


ただこの石けん、石けんシミュレーションには自分で油脂データに廃油をNaOHの換算値だけ追加して使っているため、脂肪酸の含有量だとかグラフはちゃんと表示されないんです。
後から、廃油がキャノーラと仮定して見てみたら、極端に “硬さ・くずれにくさ・安定性” の数値が低かったので 「やっちまったなぁ~」 という感じ。
新油と廃油では多少変わってくるんではないかと思いつつ、やっぱりちょっと心配なので2週間程長めに熟成期間をとってみようと思います。

*******
#19 KINTOKI

OIL:廃油(緑茶inf.) 50%、ごま油 約19%、ココナッツ 15% 、キャスター 10%、紅花(緑茶inf.)約7%
水 34%、NaOH DC10%
OP:トレハロース3%、尿素、さらしあん、シナモンパウダー、緑茶の葉

トレース:20分 型出し:1日
製作:08.08.06 解禁:08.09.17頃
*******

肌適正 7.6、洗浄力 8.0、起泡力 6.2、硬さ 5.3、くずれにくさ 3.8、安定性 4.9
(↑廃油=キャノーラと仮定した場合。)

⇒続きを読む

やさしい珈琲のまっつんさんから素敵な石けん達が我が家にやってきました!
初めての他のソーパーさんが作った石けんです(*´艸`*)
紹介が遅くなってすみません!!


200808081.jpg

ラッピングに関していろいろ試されてるだけあって丁寧でかわいいですよね(*´艸`*)
マスキングテープや英字のペーパーが駆使されてて、中身出すのがもったいない位!

200808082.jpg

さらに中にもワックスペーパーでしっかりラッピングされていました。
私ならここまでやって満足してしまいそう・・・笑

「南の海から」

200808083.jpg

なんと言ってもこれ、どどーんとド迫力の存在感。
私は全然こういうモールドを使った石けんを作らないので嬉しいです。
珊瑚のような色が貝の形とぴったりですね♪
海に関する石けんを下さったあたり、私が一応サーファーである事を意識していただけたのかと思うと嬉しいですね〜。
余談ですが、私はめちゃくちゃマンゴー好き。
マンゴーの香りがあるわけでもなく、マンゴー色ってわけではないけど、マンゴーバターが入ってるってだけでなんだか気分が上がる単純な奴です。笑

「Yogurt Fruits」

200808084.jpg

すごくキレイな白い石けん!
そこにぽわんとやさしい色合いのホントにピーチみたいなコンフェがかわいいです。
マンゴーにも見える!(また。笑)
ホエー入りは先日初挑戦しましたが、まだ解禁したばかりで使用していません。
ヨーグルトは食べるのも大好きなのでお肌にも合うといいなぁ。
すべすべお肌の石けん、私はいつも気泡だらけなので憧れます。

「ガスール」

200808085.jpg

ほんのりこんにゃくみたいな(笑)色の淡いきれいなマーブル。
ここまで3つに共通して言えることですけど、まっつんさんの石けんって優しい色合いが多いですね(*´ω`*)
ガスール入り石けん、これも作ったは作ったけどまだ使っていないので楽しみです。

「竹炭マ−ブル」

200808086.jpg

この男前な出で立ち!!!
めっちゃかっこいいです。
この石けんの見た目に惚れたのがきっかけの石けん交換なのに、私の方がまだ送れておらず、しかもこんなにいただいてしまってすみません。
写真で見ても惚れ惚れだったけど、実物もやっぱりすんごい男前です。
黒×ピンクは私の中で最強の組み合わせなんですよ♪
ピンクの似合う男前が好きです。笑
がっつり夏向きの石けんと言うことなので、暑いうちにばっちり使わせていただきますね~。


さらにさらに、ラベンダーのドライハーブとローズピンクパウダーまでいただいちゃいました!!
ラベンダーはパウダーしか持っていないけど、ビネガーや煮出してリンスなどに使う時はパウダーだとちょっとやっかいだったのですごく嬉しい☆
ローズピンクパウダーもちょうど欲しいと思っていたところなのでめちゃ嬉しいです(*´ω`*)
大事に使わせていただきますね!
まっつんさん、ホントにありがとうございました(´∀`)
※使用感追記しました。H20.09.08

「#11 廃油の美肌石けん」「#9 ラベンダーとマンゴーの石けん」の使用感それぞれアップしました。


200808071.jpg

久々の石けんネタ更新です。
気づけば、最後に仕込んだ石けんももう解禁の時期・・・!!
キッチンが暑すぎて仕込む気になれません。
と言うか、毎年恒例の夏バテです。
みなさんのところにもゆっくりお邪魔できずすみません・・・。
石けんを送る約束をさせてもらってるお友達にもまだ発送できずごめんなさい。
ちょっと気長に待って下さい~。
頑張って来週中には発送できるようにしますね。


以前少し触れた石けんはこいつの事です。
ホントはもう一層位増やしたかったのですが、こいつを作るのに初めて使った自作モールドがすでに壊れてしまったのと、最後の層を入れてからすでに1ヶ月以上経過し、すでに使える状態にある事から、志半ばですが型出しと相成りました。

仕込みをする度に少しずつタネを取って層を作っていたので、あれもこれもいろんなオプション満載なある意味贅沢石けんですよね。笑
とにかく一層一層根気良く追加していくので完成まで時間はかかりますが、いつものようにレシピ組んだり計算したりせずともバッチ数こなせばもれなく1バッチできてしまうので、気づいたらできていた、という感じです。
でもホントはもっと均一な厚さの層にしたかった・・・。
全然思ったような仕上がりにならなかったのが残念です。
特に竹墨の層は色が色なだけに余計目立つし!

と言うわけで、こいつのレシピは書きようがございません。笑

これはまたリベンジしたいな〜。
今度はちゃんと量計ってやろうかな?

⇒続きを読む

RiXXの石けんおすそ分けします★
↓ ↓ ↓
【Vague -handmade soap】
OPEN日程
4/27(月)〜5/10(日)

RiXX

Author:RiXX
岐阜県在住の20代後半。
2009年9月に入籍、10月に挙式に向けて今年は美肌モード全開です。
趣味のサーフィンもやめたくないけどお肌のためには美白!

石けん作りは2008年4月~。

アトピー・アレルギーケアをきっかけに石けん作りに興味を持ち、少しずつスキンケアも手作りするようになりました。
複数のアレルギー持ち。
特にひどいのは“キウイ”。
匂いだけでも熱が出て吐気がするほどです。
最悪の場合喘息の発作まで併発してしまいます・・・。

ブログを通じてたくさんの方といろんな情報交換・交流ができたらいいなぁと思います♪

気軽にコメント、メールくださいね☆

ブログリスト、リンクなどに登録される場合は一言ご連絡下さると嬉しいです。

※記事内の画像はすべて縮小表示しています。
サムネイルクリックで拡大します。



↓↓応援お願いします☆

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

モバイル版↓↓

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:

石鹸作り基本のオイル3本セット
各1Lで2300円は安い♪



10gから量り売り、100gまでメール便可♪

クエン酸1kg680円
メール便なら送料無料!!




トレハロース1kg425円
石けん、コスメ、お米、お菓子と何にでも使えます♪



お掃除に大活躍の重曹が10kgで2625円送料込
1kgずつの小分け包装なのが嬉しいです。



石けんweb

[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット

楽天で探す
楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。