:: SURF & LOVE -hand made- ::

サーファーだけど美白したい・・・!ひよっこソーパーのぐるぐる記録★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#23 Trick or treat!!#24 MANGO PUDDINGの使用感アップしました♪

やったー、やったよー!
苛性ソーダで作るリキッド、初めてなんの障害もなくできた★(やっぱり完全なクリアにはならなかったけど。)
24時間で保温しなおす事もなく完成と相成りました。

やっぱり保温が大事ってよぉぉぉぉくわかった(-ω-)ウンウン

特にこのリキッドはディスカウントなしで一気にしっかり鹸化させるのがポイントだしね。
朝晩寒くなったってのもあって、発泡スチロールの箱にお湯入りペットボトル3本入れて、タネの入ったペットボトルも保温カバーかぶせてガンガン保温。
マメに交換してなるべく保温状態保つようにもしたし。
そしたらばっちりジェルジェルなペースト状♪
今まではもっとマットで固かったの(´C_` )

200810171.jpg

1日たって発泡の蓋あけてびっくり。
四角いペットボトルがコロンコロンに丸くなってたよ!

ちなみに今回のレシピは

*******

グレープシード 170g / ココナッツ 30g
精製水 60g / NaOH 28g / エタノール 6g

*******


すっかり存在を忘れてたグレープシードオイルを使いました。
最近はハーブティーで希釈するのがお気に入りで、特にオレンジピールとレモンピールを1:1で混ぜたのが見た目もオレンジでかわいくてオススメです。
ラベンダーティーにほんのちょーーっとクエン酸入れてピンク色にするのもかわいいね!
その都度いろや香りを変えられるのもまたリキッドの魅力ですd(d∀`)

できるだけ密閉保存って事でWECKに詰め替えて冷蔵庫へ。

200810172.jpg

希釈もやっぱりWECK♪

200810173


さてさて、これからどんどん寒くなって行くけど、こいつもやっぱり白く濁るのかー?
今度こそグリセリン入れてみよう。(毎回忘れる。笑)



話は変わってこれまでずっと愛用してたBODY SHOPのボディバター。
もうすぐなくなるんだけど、裏の原材料見てると

水・マンゴー脂(バター)・カカオ脂(バター)・アーモンド油(オイル)・グリセリン・キサンタンガム

他はアルコールとか防腐剤とかもろもろ。
↑に書き出したものだけで作っても近いものが作れそうな気もしなくもない!?
ボディショのバターはすんごいしっとりするけどす〜っと伸びてべたつかないのが好きなんだよね。
大好きなマンゴーの香りも甘ったるいのじゃなくてジューシーな感じが好き。
ネットで見つけたみつろうとバターを溶かすだけのレシピでボディバター作ったけど、硬いしこってりすぎて使用感が好きじゃない。(作ったからには一応使い切るけども。)
ボディショのボディバターはバターって言ってもクリームだって事忘れて検索しちゃったからな(´-ω-`)
これからの季節に向けて目指せボディショのボディバターを目標に、保湿クリーム作りに励みます!
スポンサーサイト
200809301.jpg

週末から一気に冷え込みましたね。
その証拠に、苛性ソーダで作ったリキッドが白く曇っています。
ちなみにコレ、希釈したて。
ハードオイルを含むレシピは気温が低くなると曇るって書いてあったけど、こんな早い段階でなるとは!
ペパーミントのEOを入れたので、最初はそのせいかと思いました。
でも融点考えたら、外は20度きってるしそりゃ固まろうとしますよね。
なので粘度も硬くなりました。
今はまだポンプで出して使えるけど、これからもっと気温下がって来たら使いづらくなるだろうから、ハードオイルの割合減らしたりソフトオイルのみでリキッド挑戦してみようかな?

髪の毛が長い(一番長いところでもうすぐ腰位)のと、今はパーマもかけてるから固形だとシャンプーしにくいんですよね。。。
でも、お風呂場なら使う時は温度上がるし別に問題ないかな?

とりあえずあと一回分はリキッドの素も残ってるからそれ使うけど、ちょっと考えてみようと思います。


200809302.jpg


そういえば石けん用に買ったラードを使って沖縄銘菓 “ちんすこう” 作りました。(大好き。笑)
材料はラード、三温糖、小麦粉のみ!(私は塩もひとつまみ入れましたけど★)
簡単〜♪
ちんすこうってあの食感がたまらない〜(人´∀`)
石けん用に買った油脂を他の用途で使うのってはじめてかも。
別に石けんにしか使えないわけじゃないですもんね。
これをきっかけに、料理にも使ってみたいなぁ。
やっぱオイルによって風味変わるよね?(炒りごま油使うみたいに。)


ホントに簡単なのでレシピ載せておきます(´∀`)

・ラード 50g
・三温糖 50g
・小麦粉 120g

1.ラードを室温に戻したら、よく混ぜてクリーム状にする。(オーブンを180度に予熱しておく。)
2.1に三温糖を加えて混ぜる。(私はここで塩ひとつまみ入れました)
3.2に小麦粉を加えて粉っぽさがなくなるまでヘラで切るように混ぜる。
4.粉っぽさがなくなったら手でひとかたまりにまとめる。
5.好きな大きさに成形して天板に並べ、180度で20分焼く。
6.焼き上がったら粗熱が取れるまではやわらかく崩れやすいので、天板に乗せたまま冷ます。
IMG_0656.jpg


1日の誕生日は、思いがけないサプライズプレゼントをもらいました。
歳の数のろうそく、じゃなくて歳の数のイチゴの乗ったショートケーキ。
しかもどれも粒がおっきくてあま〜い(*´艸`*)
これはホントめっちゃ嬉しかったです。
持って来てくれた子がちょっと問題児であまり好きじゃない子なだけに、かなり驚いた&ちょっと見直しました。笑


さて、「続!苛性ソーダで作るリキッドソープのその後」の続きです。

シリーズ化のようになりましたが、ここでまずこのリキッドソープの要点をまとめておきます。

・鹸化率100%で作る。
・鹸化を促進するためにエタノールを加える。(寒い時期はエタノールを油脂量の10%まで増やす)
・廃油を使う場合はエタノールを減らす、または使わない。
・高温保温してジェル化させる。(鹸化が進んでいれば白いままでも透明リキッドにる。オレイン酸メインの新油100%はほとんどジェル化しない。)
・熟成不要
・違う種類のリキッドソープを混ぜ合わせて使うことが出来る。
・透明のリキッドができる。(曇が出ることもあるがグリセリンを加えることでこれを防げる場合がありる。)
・出来上がった素はラップなどで空気を遮断して冷蔵庫で保存する。


で。

200809011.jpg

リベンジして作ったリキッドソープの素ですが、どうやら保温が足りなかっただけのようで、無事ジェル化して完成しました★
ただ、ちょっと湯煎の温度が高く、ペットボトル変形しましたが。笑

200809012.jpg

普段の固形石鹸のように、トレースが出過ぎてしまって慌てて型入れする事になったり、保温が足りずソーダ灰がついてしまったり、中途半端に部分的にジェル化してしまったりという心配がなく、ジェル化していなければその都度湯煎→保温を繰り返せば良いのでまだ気持ち的に余裕があります。
私はまだ1回の保温で翌日全体がジェル化してハイ、希釈!とテンポ良くできていないので、始めから意識的にしっかり保温する事が大事ですね。

もう一度今回のレシピです。

*******
キャノーラ 160g / ココナッツ 40g
精製水 60g / NaOH 28g / エタノール 6g

製作:08.08.26 
*******



試しに少しだけ希釈。

200808311.jpg

まだ溶けきってないけど順調順調。
しかしやっぱり濁りがあって完全に透明にならない(´-ω-`)
次回希釈する時はグリセリンを足してみよう。




↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
こないだのリキッド、あんなに全然溶けずに7倍以上で希釈したのでさすがに泡立ちはあまり良くない・・・。

が!!!

もう一度この時の “素” を希釈してみました。
3倍で。
前回と同じ50gを150gのお湯で。

200808263.jpg

3日かかりましたがちゃんと溶けましたぁd(d∀`)

いやいや、なんで!?
3日かかったし、最後まだかなり粘度のある状態の素も残ってたけど、むりやり混ぜ込んで溶けました。
泡立ちも良し。
原因はわからないけど、これで残りの素もそのまま使えるかもしれません。

てか、やっぱり均一に混ざってなかったから、部分部分で溶けるところと溶けにくいところができちゃったのかも・・・。


ついでにもう一度リベンジしました。
今度はすべて新油でレシピに忠実に。
これは会社の自分のフロアに置いておく用。
会社で少し合成洗剤を使って洗うだけでも、洗った後の手のギシギシする感じが不快に思うようになってきたんです。。。

*******
キャノーラ 160g / ココナッツ 40g
精製水 60g / NaOH 28g / エタノール 6g

製作:08.08.26 
*******


まずオイルとアルカリ水溶液を混ぜる段階でも“10秒”と書いてあるけど、前回の均一に混ざらなかったかもしれない失敗の原因を念頭に、念には念をで20秒ほど。
さすがにエタノールを加えたらあっという間に固まったけど、前回のようにペットボトル上部に塊が付く、という事もなく無事保温へ。
今回は割りとしっかり均一に混ぜれたと思います。

しかし24時間後、まったくジェル化しておらず真っ白。
再度湯煎してから保温するも相変わらず真っ白。
舌でなめてみるとまだ少しピリリなので再度保温中。
前半戦が順調だったけど、また失敗か!?


またまた続く・・・。


今度はホットプロセスでグリセリンやグラニュー糖を加えて作る透明石けんも作ってみたいなぁ。





↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
200808211.jpg

先日の苛性ソーダリキッドです。

その後、さらに50ccのお湯を足して放置。
一応溶けるには溶けました。
しかし水分が増えれば増える程酸化も早いのでやみくもに増やすのもいかがなもんかと。
すでに、最初の希釈から200ccは追加している事になるので、50gの素に対して7倍以上の希釈にも関わらずこの粘度!?

原因として考えられる事をmixiのコミュで教えてもらいました。
それは、ペットボトルにエタノールを入れた際に、すぐに固まったため撹拌不足となったと思われる上部のマットな部分を捨ててしまったせいでアルカリが均一に混ざらなかった。
慌てずペットボトルを切り開いて中身を出して、お鍋で湯煎しながら全部をちゃんと混ぜた方がよかったそうです。
また、やっぱり廃油はトレースが出るのが早いので、エタノールを投入する事によって一気にトレースが進み、これもまた攪拌不足になってしまったかもしれません。
このレシピはトレースを一気に進めるための役割として(だけでなくオイルにアルカリ溶液をなじませて反応しやすくする働きと、粒子化あるいは結晶化した油分子や石鹸分子を細分化する力があるそうですが。)エタノールを使っているので、廃油を使ったこの場合エタノールは余分だったのかな?

かなり粘度高めですが、一応ポンプでも使える程にはなったのでとりあえず良しとします。
しかし透明度は低くなっちゃったな〜。
シャンプーとして使ってみたところ、泡立ちも固形を直接使うよりも良かったです。
普通に2~3倍の希釈で使えていたらもっとモコモコに泡立ったかなぁと思うと少し残念ですが。

“素”の方はなんとかリバッチして使えないかな?と考えていましたが、植物性オイルやクレイなどを足してクレンジングジェルのように使ってはどうかとの提案をしていただけました。
確かに、こないだ彩莉さんのレシピで作ったクレンジングと同じ考え方でできそうですね(人´∀`)
こないだ作った分が使い終わったらそれも試してみようと思います。

でも、苛性ソーダでリキッド、また必ずリベンジしますっ!!!



↓↓よろしければ応援お願いします☆
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

RiXXの石けんおすそ分けします★
↓ ↓ ↓
【Vague -handmade soap】
OPEN日程
4/27(月)〜5/10(日)

RiXX

Author:RiXX
岐阜県在住の20代後半。
2009年9月に入籍、10月に挙式に向けて今年は美肌モード全開です。
趣味のサーフィンもやめたくないけどお肌のためには美白!

石けん作りは2008年4月~。

アトピー・アレルギーケアをきっかけに石けん作りに興味を持ち、少しずつスキンケアも手作りするようになりました。
複数のアレルギー持ち。
特にひどいのは“キウイ”。
匂いだけでも熱が出て吐気がするほどです。
最悪の場合喘息の発作まで併発してしまいます・・・。

ブログを通じてたくさんの方といろんな情報交換・交流ができたらいいなぁと思います♪

気軽にコメント、メールくださいね☆

ブログリスト、リンクなどに登録される場合は一言ご連絡下さると嬉しいです。

※記事内の画像はすべて縮小表示しています。
サムネイルクリックで拡大します。



↓↓応援お願いします☆

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

モバイル版↓↓

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:

石鹸作り基本のオイル3本セット
各1Lで2300円は安い♪



10gから量り売り、100gまでメール便可♪

クエン酸1kg680円
メール便なら送料無料!!




トレハロース1kg425円
石けん、コスメ、お米、お菓子と何にでも使えます♪



お掃除に大活躍の重曹が10kgで2625円送料込
1kgずつの小分け包装なのが嬉しいです。



石けんweb

[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット

楽天で探す
楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。